相続問題のプロ

相続相談
引用 「相続相談対策:ソレイユ総合ナビ

遺産相続の専門家としては、弁護士や司法書士、行政書士、税理士が相続問題を扱える職業として知られていますが、その中でも税理士は税務署への申告手続きを独占で行えることから、税金やお金のプロフェッショナルと言えるでしょう。税理士とは、税務の専門家で、病気で医者にかかるのと同じように、税金のことなら何でもプロである税理士に相談するのが順当なのです。税理士は、税理士会に所属し、公正な立場で税務を行っています。

具体的な税理士の仕事となるものは、確定申告などの承認申請や税務調査の立ち会いを行い、仮に税務署による更生や決定に不満があった場合、不服申し立ても行うことができます。また、本人になり替わり、税務書類の作成や税務相談・財務種類の作成や会計帳簿の記帳代行・財務に関する業務などが、主な業務となっています。

そして、中小企業などの会計参与は、取締役と共同して計算関係書類を作成することで、会社として計算関係書類の記載の正確さに対する信頼を高めるという効果があります。また、税理士は社会貢献の一環として、民事・家事調停委員、監査委員、無料税務相談などを行っており、租税教育や日本の超高齢化社会に向けた、成年後見制度にも積極的に参加しています。