相続と相続相談

相続とは、血縁者間に限ったことではなく、人として所有する財産などを含めた権利、または義務を第三者に対して包括的に継承することを言います。日本では、相続の規定が民法によって定められており、故人が遺言書によって相続の定めを設けている場合、民法の定める規定とは異なる任意の取り決めを行うことができます。しかし、民法には遺言書の内容いかんで遺留分規定があり、該当者が不服を申し立てた場合、遺言での排除を許さない強行規定もあります。

相続相続は、被相続人となる本人の死亡により、初めて相続が開始されるもので、死亡定義には認定死亡や思想宣言なども含まれており、相続人は相続開始前には推定相続人と呼ばれます。通常、相続は特殊な例を除き、被相続人の血族によって相続されるもので、民法の定めによって相続順位は第一位・被相続人の子、第二位・被相続人の直系尊属、第三位・被相続人の兄弟姉妹の順位で相続人となることになります。また、被相続人の戸籍上の配偶者は、必ず相続人とされます。

被相続人の残す遺言は、必ずしも相続人の利益になるものではなく、特別な停止条件がなければ、法的にも遺言状は相続に対して強い権限を持っています。そのため、法律に詳しい人物に、相続相談を持ちかける場合も少なくありません。また、共同相続人とは、相続を受ける法定相続人が複数名存在することで、被相続人から受ける相続が法定相続人一人しかいない場合、これを単独相続と言い表しています。