相続問題のプロ

相続相談
引用 「相続相談対策:ソレイユ総合ナビ

遺産相続の専門家としては、弁護士や司法書士、行政書士、税理士が相続問題を扱える職業として知られていますが、その中でも税理士は税務署への申告手続きを独占で行えることから、税金やお金のプロフェッショナルと言えるでしょう。税理士とは、税務の専門家で、病気で医者にかかるのと同じように、税金のことなら何でもプロである税理士に相談するのが順当なのです。税理士は、税理士会に所属し、公正な立場で税務を行っています。

具体的な税理士の仕事となるものは、確定申告などの承認申請や税務調査の立ち会いを行い、仮に税務署による更生や決定に不満があった場合、不服申し立ても行うことができます。また、本人になり替わり、税務書類の作成や税務相談・財務種類の作成や会計帳簿の記帳代行・財務に関する業務などが、主な業務となっています。

そして、中小企業などの会計参与は、取締役と共同して計算関係書類を作成することで、会社として計算関係書類の記載の正確さに対する信頼を高めるという効果があります。また、税理士は社会貢献の一環として、民事・家事調停委員、監査委員、無料税務相談などを行っており、租税教育や日本の超高齢化社会に向けた、成年後見制度にも積極的に参加しています。

遺言の法的根拠

遺言遺言とは、故人が生前に遺した文書や言葉のことで、遺言書や遺言状はこれらを書き記した文章のことを指しています。自らの財産は、生前に自由に処分できることは当然のことですが、自身が亡くなった後であっても遺言によって財産処分が可能となります。遺言は、民法により満15歳以上の者と定められており、遺言の本質は本人の最終確認としての意思を示すもので、遺言者の死亡後に遺言としての効力が生じるものです

遺言が法的に強い拘束力を持ち、なおかつその重要な機能として、本人の所有する財産の処分を、遺言者が意思表示として反映させることにあります。仮に遺言、または遺言書が無い場合は、法定相続の定めにより、民法の規定に従って相続が行われることになります。遺言は、作成することで遺産となる財産を誰が受け継ぐかという問題に対して、はっきりとした意思表示を示すものなのです。

もちろん、遺言によって、血族以外に遺産を相続することも可能です。こうした財産を誰に与えるか明確に記載することにより、該当する相続人は不動産所有権などの登記を単独でも同時に行うことができ、預貯金などの払い戻しも受けることができます。そして、遺言には普通方式遺言と特別方式遺言が存在しています。

相続と相続相談

相続とは、血縁者間に限ったことではなく、人として所有する財産などを含めた権利、または義務を第三者に対して包括的に継承することを言います。日本では、相続の規定が民法によって定められており、故人が遺言書によって相続の定めを設けている場合、民法の定める規定とは異なる任意の取り決めを行うことができます。しかし、民法には遺言書の内容いかんで遺留分規定があり、該当者が不服を申し立てた場合、遺言での排除を許さない強行規定もあります。

相続相続は、被相続人となる本人の死亡により、初めて相続が開始されるもので、死亡定義には認定死亡や思想宣言なども含まれており、相続人は相続開始前には推定相続人と呼ばれます。通常、相続は特殊な例を除き、被相続人の血族によって相続されるもので、民法の定めによって相続順位は第一位・被相続人の子、第二位・被相続人の直系尊属、第三位・被相続人の兄弟姉妹の順位で相続人となることになります。また、被相続人の戸籍上の配偶者は、必ず相続人とされます。

被相続人の残す遺言は、必ずしも相続人の利益になるものではなく、特別な停止条件がなければ、法的にも遺言状は相続に対して強い権限を持っています。そのため、法律に詳しい人物に、相続相談を持ちかける場合も少なくありません。また、共同相続人とは、相続を受ける法定相続人が複数名存在することで、被相続人から受ける相続が法定相続人一人しかいない場合、これを単独相続と言い表しています。